意識低い系ミニマリストのブログ

シンプルに生きたい、アラサー女のリアルミニマムライフ。

未来は自分の話した言葉で作られる

「体は食べたもので作られる」

「心は聞いた言葉で作られる」

「未来は自分の話した言葉で作られる」

 

北原照久さんが好きだと語っていたこの言葉。

私も最近知って、心に刺さりました。

 

特に「未来は自分の話した言葉で作られる」に関して。

 

私は今まで、やりたい事や夢に対して「自分には無理だ」と壁を作ってきました。

 

自分は◯◯だからできない、過去に◯◯したからできない、周りの人に笑われるからできない……

 

自分が「やりたいこと」から逃げていました。

 

何故、やりたい事、やるべき事をやらないのか??

理由は2つあります。

 

ひとつめは、リスクがあるからです。

やりたいことにチャレンジするよりも、現状維持の方が楽です。

何も考えず、今のまま流されるのは楽です。

 

ふたつめは、やりたい事をきちんと言葉にしていないからです。

 

「あれやりたい」「これやりたい」

 

思ってはいるものの、きちんと「言語化」「行動化」出来ていませんでした。

 

やりたいことと言っても壮大なものではなく、

例えば「ルンバを買いたい」とか「iPadが欲しい」とか、そういった「欲しい」「やりたい」レベルのものも、きちんと実行できていないと感じます。

 

ルンバを買ったあとの便利さよりも、お金を失うリスクを恐れているからです。

別に現状困ってないし、いっか…と楽に流されている自分がいます。

買ってしまって、あまり役に立たなくて無駄金だったらどうしようと、失敗を恐れています。

 

ルンバを買えば掃除をする手間が省け、文章を書いたり、本を読んだりする時間にあてられます。

それはわかっていても、現状維持を望む心の方が勝ってしまいます。

 

ルンバに限らず、他のことでもそうです。

 

こうやって尻込みしていくうちに、何がやりたかったのかを忘れ、「◯◯だからできない」を正当化してしまうのです。

 

 

そんな自分の弱さと戦うために、私は自分のやりたい事をきちんと言語化しておこうと思いました。

 

人に笑われてもいい、無理だって思われてもいい。

 

自分がなりたい自分に近づくために、一度整理しておきたいと思ったからです。

 

◆自分の叶えたい目標・夢

・在宅の仕事で食べていく

・猫と一緒に暮らす

・時間と場所に縛られない生活をする

・FP検定試験に合格する

・プロクラウドワーカーになる

・Webライティング検定に合格する

 

こんな夢を話したら、「そんなの無理だよ」と笑われたこともありました。

また、「独身女性が猫を飼ったら終わりだよ」なんてことも言われました。

 

周りの人は色々言ってくるけれど、自分は自分のやりたいことをやります。

 

今現在、成功している方のYouTubeを見て、彼らは周りの人から色々と言われても、自分の道を貫いてきている事がわかりました。

 

自分のやりたいことを貫くって、簡単なようでとても難しいです。

 

今やりたいことに向かって頑張っていますが、日々泥臭く作業をしています。

その中で色々と悩んだり、モチベーションが保てないこともあります。

 

そんな時は読書をしたり、ビジネス系のYouTube動画を見て、自分の気持ちを高めています。

 

「心は聞いた言葉で作られる」

 

その言葉を信じて、私はビジネス系のYouTube動画を毎日見続けています。

 

ポジティブな人の言葉を聞き、自分の言葉で未来を語り、行動に移していく。

 

大変な時もありますが、不思議と「何も考えていない」時よりもメンタルはずっと安定しています。

 

何も考えていない時は、「今は何とかなってるけれど、将来こうなったらどうしよう…」とか、努力はしないけれど不安だけは抱えている状態でした。

 

他人を変えることはできませんが、自分を変えることはできます。

 

自分の成長に関する悩みは、自分の努力で解消することができます。

 

そう信じて、私はこれからも夢に向かって走り続けていきます。