意識低い系ミニマリストのブログ

シンプルに生きたい、アラサー女のリアルミニマムライフ。

100円のハンコと1000円のハンコはどちらが安い?

こんにちは、白桃です。


皆さんは100円のハンコと1000円のハンコ、どちらが安いと思いますか??


ほとんどの方が100円のハンコだと答えると思います。


100円のハンコの方が1000円のハンコより900円安いからです。


まぁ当たり前の話ですよね。


では、こちらはどうでしょう。


2ヶ月しかもたない100円のハンコと、2年以上使える1000円のハンコはどちらが安いですか?
と聞かれたら迷いませんか??


100円のハンコが2-3ヶ月で壊れるとして、2ヶ月ペースで買い換えていたら1年に6回、2年で12回買い換えることになり、1000円のハンコを買うよりも出費が増えてしまいます。


実際、私は仕事でシャチハタが必要になり100均でとりあえず買ったのですが2ヶ月ほどでインクがでなくなり、先端が取れてしまいました。


その後買った1000円のシャチハタは、2年以上活躍してくれています。


安いものを買った方が長持ちしなくて、かえって高くついてしまう。


安物買いの銭失いってやつですね。

 

お金の高い安いは、購入した時の値段だけで決まる訳ではないのかなと思います。


そのお金を出して買ったものは何年使えるのか。


同じものを買い換えることになったら高くつかないか。


安いものを買って、その後どれぐらいお金がかかることになるのか想像してみると買い物の失敗って少なくなると思います。


高いもの買っても失敗するときは失敗するんですけれどね。


安易に「安いから」といって買ってしまうのはモノに対する満足度も下がりますし、長持ちしなくてかえって高くついてしまう事があります。


それって本当に「安くてお得」だと言えますか?という話です。


自分にとって優先度の低いものは安く済ませてしまっても良いとは思います。


でも使用頻度の高いものほどお金をかけて長く大切に使う方が賢いんじゃないかと思っています。

 

安いものって、買ったそのときはお得な気分になれるんですけれど、結局高くついてしまうことがあるんですよね。

でもなかなか高いものを買うのは踏ん切りがつかない…

たしかに高いものを長く使うことが良い節約法にはなるのですが、

途中で紛失してしまったり思いのほか早く壊れてしまったり、気に入らなくなってしまったりする事もありますよね。

 

だから安物買いの銭失いはダメだとわかっていても、時々はやってしまいます。

 

お金の使い方って難しいですが、うまく使いこなせるように考えていきたいと思っています。