意識低い系ミニマリストのブログ

シンプルに生きたい、アラサー女のリアルミニマムライフ。

ミニマリストだけど、私はモノを減らしていく為に生きている訳じゃない。

こんにちは、白桃です。

 

ミニマリストと言えば「モノが少ない」というイメージがありますよね。

 

でも時々、モノを減らすことに病的なまでに躍起になっている人を見かけます。

 

そういった方に少しだけ聞いてみたいです。

 

「あなたはモノを減らすために生きているんですか?」と。

 

 

f:id:ogw9pgmc:20191027084323j:image

 

ミニマリストたるものモノは少なくなくちゃ、と思い込みがちな人もいますが、

 

私は「ミニマリストはこうでなくちゃいけない」というのは無いと思っています。

 

人それぞれのミニマリスト観があってこそ面白いんじゃないかなと。

 

私はミニマリストになりたかったというよりは、

 

なりたい自分になるにはミニマリストになったほうが都合がいいと分かったから

ミニマリストになった、

という感じです。

 

ちゃんと毎日部屋が片付いていて、そこそこ丁寧な暮らしができて、自分に自信を持てたらいいなというのが理想です。

 

その延長線上に、ブログを毎日続けて自己成長に繋げていくという自分の理想像があります。

 

モノを減らしてから毎日片付いていますし、自己肯定感も高くなります。

毎日のストレスがかなり減りました。

 

汚部屋時代はどこか自分に後ろめたさがありましたが、部屋が片付いていると何でもできるような気がしてきます。

 

決してマメな性格ではないので、多すぎるモノに囲まれて生活するスタイルは向いていませんでした。

自分にとって適正なモノの量を把握し、厳選していく方が私にとっては心地よかったのです。

 

ミニマリストになること」「モノを減らすこと」にこだわりすぎるのは良くないと思っています。

こだわりすぎると、ミニマリストが手段ではなく目的になってしまいます。

 

なんのためにミニマリストになるのか。

 

ふわっとしたものでもいいから「目的」をハッキリさせた方が自分の理想のミニマリスト像が出来上がるのではないでしょうか。

 

モノが少ないことが決して偉いわけではありません。

まぁ確かにモノが少ない方がミニマリスト界では目立てるわけですが…

モノが少ないことが偉いのであれば、ホームレスが究極のミニマリストであり、一番偉いということになります。

 

まぁ、そもそも「偉い」って何基準なの??って思いますけれどね。

同じ会社の中であれば肩書きや経歴で決まるでしょうが、そういう枠を超えた場合は何によって「偉い」というのは決まるのでしょうか。

肩書?給料??お金を持っている人が偉いんでしょうか。

 

少し話が逸れましたが…。

 

とにかくモノを減らすことに躍起になってしまっている人は、一度何のためにモノを減らしていくのか、深く考えてみることをおすすめします。