意識低い系ミニマリストのブログ

シンプルに生きたい、アラサー女のリアルミニマムライフ。

【失敗】こんまり流片付けでリバウンドしたお話

こんにちは、白桃です。


皆さんは「こんまり」こと近藤麻理恵さん流のお片づけ方法を知っていますか??


「ときめくもの」だけを残し、その他はモノに感謝しながら手放していく、という片付け方法です。


この片付け方法は世界でも「リバウンドなし!」と大評判のようです。


しかし!!!
私は汚部屋時代、こんまり流片付けでリバウンドしてしまいました。


原因は「片付ける習慣」が身についていなかったこと。
別の方法を試したところ、やっと片付ける習慣が身につくようになりました。


そんな私の片付け失敗談、成功談を紹介します。

 

 

f:id:ogw9pgmc:20191024002359j:image


仕事が忙しかった時、掃除も家事も片付けも全てが面倒くさくなって、私の部屋は「汚部屋」化していました。


床に脱ぎ捨てられた服は、いつ着たものなのか、洗濯してるのかしていないのか不明。コンビニで買ってきて、食べ終わった後の容器がそのまま放置。
好きなアイドルのCD、雑誌を買ってきてそのまま床に積み上げたまま放置。


モノはそこまで多い方ではありませんでしたが、床一面にモノが散らかっている状態でした。


今思うとよくあんな部屋で生活出来ていたなぁと思います…。


これじゃいけない!と思って、話題になっていたこんまり先生の本を見つけて読みました。


早速その本の通りに片付けを実践し、汚部屋が見事にスッキリ片付きました。


これでこんまり流片付け大成功…!!

 


…と思いきや数ヶ月後、私は見事にリバウンドしてしまいました。


モノは減りましたが、出したものをしまうという作業が超絶面倒くさい……


片付けるのが面倒くさい→モノの量を把握していないから余計なものまで買いすぎる→モノが積み重なっていく…汚部屋度アップしてさらに片付けが面倒に…という悪循環。

 

何故、リバウンドしてしまったのか…。

理由を考えてみると、片付けたあとの「ときめき」よりも片付ける面倒くささが勝ってしまった為です。

 

一度片付けを怠ると、「別に片付けなくたって死ぬわけじゃないし、いっか」となってしまいます。


いくらモノを減らしても「片付ける習慣」がつかないと、いつまで経っても片付かないことに気付きました。


色々考えた結果、私はふたつのことを実行して片付ける習慣を身に付けることができました。


スマホから離れる時間を作る
・5分後にアラームをセットして、それまでに片付ける

 

片付けられなかった最大の原因は、暇さえあればスマホをダラダラ触っていたこと。
スマホでゲームしたり、SNSを見たり。


そうすることで忙しい現実から逃げていたんだと思います。


どうすればこの負のスパイラルから抜け出せるか??

と考え、まずは5分後にアラームを無理矢理セットしスマホを置いて、アラームが鳴るまでにこの場所を片付ける!と意気込んで、片付けていきました。


時間が制限されていると、不思議とやる気が出てきます。


案外、5分という短い時間でも結構片付けることができました。
それだけで気持ちがスッキリしました。


5分間、スマホを手放して片付けて思ったのは「片付けってこんなに短時間で簡単に終わるんだ」ということです。


片付ける習慣が身につくまではアラームをセットする方法で、片付けのスイッチを入れていました。


そのうち片付いている状態がとても心地よくなり、片付いていないとモヤモヤするようになりました。

 

片付けを「繰り返す」ことによって、片付けの面倒くささよりも、片付けた時のときめき、快感が上回るようになりました。


こうなると、アラームをセットしなくても自然と体が片付けるようになっていきます。


モノが定位置にあるって本当に素晴らしいです。


人によって部屋が散らかる理由は様々なので、この方法が合うかどうかは個人差があります。


「モノは少ないが片付ける習慣が身についていない、ダラダラとスマホを触ってしまう」

という人にはアラームセットで片付ける方法が効果的かもしれません。

 

一度、試してみてはいかがでしょうか??