意識低い系ミニマリストのブログ

シンプルに生きたい、アラサー女のリアルミニマムライフ。

洋服との出会い

こんにちは。白桃です。

 

去年買ったニットのロングカーディガンが、毛玉だらけになってしまいました。

 

f:id:ogw9pgmc:20191015235639p:image

 

丁寧に扱ってきたつもりなのにショック…。

ニット素材の服ってなかなか扱いが難しいですね。

頑張って毛玉を取っていこうかと思います。

 

 

洋服選びって本当に難しい…。

 

お店で「良いな」と思っていても、自分が着てみたら何か違うなと感じたり。

 

洋服あるあるですよね。

 

お店のディスプレイは服をキラキラ輝かせてくれる魔法の空間のようです。

 

f:id:ogw9pgmc:20191016000020j:image

 

今持っている服も100%満足している訳ではありません。

自分にとびきり似合う服を追究していきたいと思います。

 


お洋服と言えば、店員さんの技量によって買うか買わないか結構変わってきますよね。

 

すごくしつこく話しかけてくる方は苦手です。

いくら服が可愛くても買うのを辞めてしまいます。

でも「接客が上手いな」と思う店員さんもいます。

 

ある時、服を探してウインドーショッピングをしていると、可愛い服がふと目に入りました。

可愛いな、素敵だな、と思ってその触り心地を確かめているときに、

 

「こちらの服はしっかりした素材で出来ていて乾きやすく、とても涼しく着られますよ」

 

といったニュアンスの言葉をかけてくれました。

絶妙なタイミングでした。

 

その服の着心地の良さが一瞬で伝わってきました。

すぐに試着をお願いし、気に入ったので買うことにしました。

 

服自体もとても気に入ったのですが、店員さんの接客がしつこ過ぎず爽やかで上手だなと思いました。

 

言葉のチョイス、話しかけるタイミング、距離感。

 

洋服たちとの運命の出会いには、店員(仲人)の腕が関わっているなと思わされました。